華奢な娘に会う小さいサイズの喪服探し。SSサイズはなかなかない?

梅雨明け間近の蒸し暑い7月はじめ、突然の不幸事に、急きょ喪服が入り用になりました。

中学・高校の三女、四女には夏の制服を着せればいいですが、
困ったのが母親の私と、社会人の長女と大学生の次女。
真夏の喪服ってどうしたらいいんだろう。
慌てて買い求めに走りました。次女は華奢なので小さめサイズじゃないといけませんでしたし。(※喪服小さいサイズ

向かったのは、地元のスーパー(平和堂)のフォーマルコーナーです。
なにせ、3人分も急に必要になったので、1点1点が値の張るものはとても購入できません。
それに、あまり自慢できないですが・・・
滅多に着ない喪服は、タンスに入れっぱなしになってしまい、いつの間にか虫がついている、なんてことも起きそうで。
とても、高価な服には手が出せませんでした。

店頭で、キャンペーン中の低価格帯のものから順に、吊るされているものを見て回りました。
いちばん重視したのは、生地の軽さ、肌触りの良さです。
喪服は黒一色ですし、デザインもたいていシンプルにできているので、生地の違いが鮮明に出ます。

また、親族としてまる2日間の大半を、喪服を着用したまま動くことになります。
あまりきついと、苦しくなっても脱げないのがつらい。
このため、ゆったりとしたデザインであることも重要でした。

時間がない中、慌てて試着しながら選びました。
低価格帯では、服が重かったり、上着の腕の付け根がきつめに感じたりするのが気になるものが多かったです。
結局、そのひとつ上の価格帯で並んでいたものの中から選びました。

長女・次女には、暑くなったとき手軽に脱げるよう、ワンピースとボレロの組み合わせにしました。
デザイン的にゆったりしたものをと、母親の目線からは勧めていたのですが、太って見えるのが嫌だったようで、ウエストに切り替えのデザインが入ったものを選んでいました。
夏物の生地の割に目が詰まっているので、他の季節でも問題ないように思いました。

母親の私は、上着があるようにみえるけれど、実は中がつながってひとつのワンピースになっているデザインのものを選びました。
寺の手伝いもありますし、暑くてもそうそう上着を脱ぐことはないだろうと考えたのです。

これは、選んでほんとうに正解だったと思っています。
なにしろ、スポッとかぶってファスナーを上げたらおしまい!という素早さで着替えられます。
それに、上着と中のワンピースが重なっていないので、とても軽い着心地で、腕まわりも肩まわりも苦しくないんです。
着心地重視だったので、肌触りも通気性もよい生地でした。

おまけに、服が上下くっついているので、1着分のクリーニング代で済みました。

喪服は、悲しんだり気が動転しているときに、とにかく慌てて必要になる服です。
フォーマルな形はどれもだいたい同じようなものなので、ブランドなどにこだわるより、着やすさ・動きやすさを重視して作られているものが何よりだと思います。

今回は夏の喪服選びでしたが、冬の場合も、暖房が効いた部屋だと意外に暑苦しくなったりしますし、今後選ぶとしたら、やはり同じように考えて選ぶつもりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です